日本メディアアートの金字塔! “Dumb Type (ダムタイプ)”

Pocket

icon-lightbulb-o 筆者が専門学生の時、授業で見させて頂きそのときの衝撃と衝動は未だに忘れていません。当時はVHSで見せて頂きましたね。作品は「OR」代表作の一つです。

 icon-desktop dumb type Official Website

icon-arrow-circle-down 1997年 [OR]
or_2
(出典 http://dumbtype.com/)

or_1
(出典 http://dumbtype.com/)

icon-question-circle dumb type (ダムタイプ)とは?

ダムタイプ(だむたいぷ, Dumb Type, dumb type)は1984年に京都市立芸術大学の学生を中心に結成されたアーティストグループ。京都市立芸術大学在学中から海外公演を含めた活発な活動を続け、現在でも拠点を京都に構えながら、海外公演を中心とした活動を行っている。建築、美術、デザイン、音楽、ダンスなど異なる表現手段を持つメンバーが参加し芸術表現の可能性を模索する。
(出典 wikipedia)

icon-arrow-circle-down 1997年 [OR]

icon-angle-double-right 中心的な立場にあったのが故・古橋悌二さんです。92年にHIV陽性であることを伝え、1994年にその事実のもと製作された「S/N」を発表しました。エイズ会議などにも関わり、古橋さんの活動はアートだけでなく政治性や社会性を持つものでした。1995年「S/N」サンパウロ公演中に死去。古橋さんの死後、その遺稿や発言を集めた『メモランダム 古橋悌二』(リトル・モア,2000)が出版されています。

 icon-arrow-circle-down 1994年[S/N]
sn_4
(出典 http://dumbtype.com/)

sn_3
(出典 http://dumbtype.com/)

sn_2
(出典 http://dumbtype.com/)

1983年頃までは「劇団カルマ」の名で活動していたが、1984年頃からダムタイプという名前を使うようになった。メンバーはそれぞれ異なる専攻で作品を制作していたが、科の枠を取り払い、もっとボーダレスなアートの集団を作れないかな、という所からダムタイプは始まったという。

ダムタイプという名前は英語のDumb(=言語能力を失った、口のきけない、無口な、ばかな、まぬけな)とType(=型、 類型、タイプ)から成る造語Dumb Typeであり、「ヒエラルキー嫌い、サイエンス嫌いからこうなった」と、後にメンバーが語っている。

多くの作品の制作では、共同制作の方法を取り、公演を行う度に表現も変わるWork in progressの形態を持つ。プロデューサー的な位置付けの人間も、作品ごとで全く異なる。
(出典 wikipedia)

 icon-arrow-circle-down 1994年 [S/N]

 

icon-question-circle 現在も活躍するアーティスト

icon-angle-double-right 筆者も現代美術館などで企画展があるときは足を運んでいるのですが、「池田亮司」はダムタイプの舞台音楽を担当しています。超音波や周波数を使って、物理的であり数学的であり、「音の嵐」や「情報の彼方」などの感想を持ってしまう作品ばかりです。「高谷史郎」はインスタレーションや映像、美術など多岐に渡り製作活動を続けていらっしゃいます。

icon-desktop RYOJI IKEDA Official Website

icon-arrow-circle-down 2008年に見た「datamatics」は衝撃でした。
15-ott-_-ryoji-ikeda-2rid
(出典 http://ffffound.com/)

icon-youtube-play 2013年 「data. path」映像

icon-desktop SHIRO TAKATANI Official Website

1963年生まれ。京都市立芸術大学美術学部環境デザイン科卒。1984年アーティストグループ「ダムタイプ」の創設メンバーとして活動に参加。以降、ダムタイプのパフォーマンスやインスタレーションの創作に携わり,映像,照明,グラフィック・デザイン,舞台装置デザインなどを手がける。
(出典 http://shiro.dumbtype.com/)

icon-arrow-circle-down CHROMA / Shiro Takatani
Shiro-TAKATANI_Chroma_©Kazuo-Fukunaga_6
(出典 http://festivaldemarseille.com/2013/ ©Kazuo Fukunaga)

icon-youtube-play CHROMA / Shiro Takatani(digest)

icon-angle-double-right 現在も活動しているdumb typeですが所属していたメンバーの方々は今の日本のメディアアートの礎(いしずえ)を作り、今もなお活躍されている方ばかりです。

今映像を見ても最先端に感じ、いつまでも残るものだと思います。当時劇場で見たかったと心から思います。

icon-shopping-cart amazonさんで色々買えますよっ

 

Pocket