「世界が尊敬する日本人100人」の1人に選ばれた高木正勝の魅力とは

Pocket

2009年の日本語版『Newsweek』で、「世界が尊敬する日本人100人」の1人に選ばれるなど、世界的な注目を集める高木正勝氏。そんな彼の魅力を紹介します。

高木正勝の魅力とは(出典:http://www.takagimasakatsu.com/

高木正勝ってどんな人?

1979年生まれ、京都出身。

長く親しんでいるピアノを用いた音楽、世界を旅しながら撮影した’動く絵画’のような映像、両方を手掛ける作家。
美術館での展覧会や世界各地でのコンサートなど、分野に限定されない多様な活動を展開している。
「おおかみこどもの雨と雪」(監督: 細田守)、スタジオジブリを描いた「夢と狂気の王国」の映画音楽をはじめ、コラボレーションも多数。http://www.takagimasakatsu.com/

そんな彼だが、実は写真のセンスも天才的。

高木正勝の魅力

高木正勝の魅力

高木正勝の魅力

高木正勝の魅力恐ろしいセンス……。

最後の写真とか、シルクロードを描き続けた平山郁夫氏の匂いを感じますね。ゾワゾワ

本職の映像と音楽もむちゃくちゃ天才。

これは「girls」という作品で、高木氏は絵の具のような見た目が欲しくて沢山実験したそう。1つの画像を明暗や彩度で30くらいの画像に分解。それを点に置き換えて、色をもう一度作り直すと点描画のように描けたそうです。

様々なCMにも楽曲提供している天才

例えばこのサントリーのCM。30秒の尺のなかでこの盛り上がり。久々にCMだけで泣きそうになりました。

使用されている楽曲は、昨年リリースのアルバム『おむすひ』の「きときと」だそうです。

 

Appleにも認められてる天才

高木正勝の魅力(出典:https://www.apple.com/30-years/2001/

 

インスタレーションも天才

高木正勝の魅力

Ymene-3-09

 

是非とも、2020年の東京オリンピックの美術監督になって欲しいですね。ちなみに、ロンドンオリンピックの美術監督を担当したのは映画『トレインスポッティング』のダニー・ボイル。音楽監督はアンダーワールド。あの開会式はすごかったなー。高木氏だったら一人で凄いの作れそう。

via:http://www.takagimasakatsu.com/                                                                       http://takagimasakatsu.tumblr.com/

 

 

Pocket