現代の”浮世絵ポップ”から”平成耽美主義”へ…”山本タカト”という幻想画家

Pocket

icon-lightbulb-o「耽美」という言葉に一時期ドハマりした事がありました。意味は曖昧に捉えていましたが、「”山本タカト”の作品は耽美なんだう」というイメージで使っていた言葉のような気がします。

icon-desktop 山本タカト Official Website

icon-arrow-circle-down 2006年発行「夜想」耽美特集より
20140402-223303.jpg
(出典 100shiki100がアップロード)

 icon-question-circle 耽美主義とは?

耽美主義(たんびしゅぎ、aestheticism・唯美主義、審美主義とも)は、道徳功利性を廃して美の享受・形成に最高の価値を置く西欧の芸術思潮である。これを是とする風潮は19世紀後半、フランス・イギリスを中心に起こり、生活を芸術化して官能の享楽を求めた。1860年頃に始まり、作品の価値はそれに込められた思想やメッセージではなく、形態と色彩の美にある、とする立場である。(出典 wikipedia)

icon-question-circle 山本タカトとは?

1960年秋田県生まれ。1983年東京造形大学絵画科卒業。1991~93年から〈浮世絵ポップ〉様式を試み、94年頃より、その様式を発展させ、洗練させた〈平成耽美主義〉様式を打ち出す。以後、耽美小説、幻想小説、官能小説、時代小説などの挿絵のほか、文芸誌や単行本などの表紙絵を担当。現在は、画集の刊行ほか、個展・グループ各展にて作品を発表している。
(出典 http://www.gei-shin.co.jp/)

icon-arrow-circle-down 「殉教者のためのディヴェルティメント」より
ph_pe_31_01
(出典 http://www.editions-treville.com/)

icon-angle-double-right 2006年に発行された「夜想-耽美 sense of beaty」を読んでから好きになりました。この回には三島由紀夫や山口小夜子の特集も組まれていて「耽美」の世界を掘り下げています。復刊もされてるみたいですよ。

icon-desktop夜想/YASO Website

icon-arrow-circle-down 表紙は松井冬子「完全な幸福をもたらす普遍的万能薬」
a22536cebc
(出典 http://www.yaso-peyotl.com/)

icon-question-circle 山本タカト作品

icon-arrow-circle-down 2002年 「ナルシスの祭壇」
nar2
(出典 http://blog.editions-treville.net/)

nar3
(出典 http://blog.editions-treville.net/)

icon-angle-double-right 同性愛的魅力を発散する美少年美少女、デカダンスへの偏向、江戸怪奇趣味、伊藤晴雨的緊縛画、明治大正的アトモスフィア、あるいはビアズリーへの欧州頽廃世界へのオマージュ等々。(出典 http://blog.editions-treville.net/)

icon-arrow-circle-down その他演劇のチラシも手がけています。
60AA9B5430FB8868s_zps3844e6a4
(出典 http://plginrt-project.com/)

icon-arrow-circle-down 舞台版「八墓村」
Bi_r2vsCIAE1VBN
(出典https://twitter.com/ma_li_a_ss/)

icon-arrow-circle-down この狂気に満ちた桃太郎は見た事がある!
20090929175202_zpsf82edb6d
(出典 http://plginrt-project.com/)

icon-shopping-cart amazonさんでもチェックできますよ。

Pocket