事件はパソコンの内部で起きている…!池田哲人「プラモデルによる空想具現化」

Pocket

icon-lightbulb-o 今年2月に行われた「第17回文化庁メディア芸術祭」。毎年応募総数の記録を更新しているが、今年は84ヶ国(地域)から応募があり世界的なアートコンペになっているようですね。

アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に分けられているのですが、その中のエンターテインメント部門優秀賞を受賞した”池田哲人”の「プラモデルによる空想具現化」を紹介。

icon-desktop池田哲人「プラモデルによる空想具現化」/tumblr

tumblr_ms8k3q1GCL1s8vsr5o1_1280
(出典 http://marble-phantasm.tumblr.com/)

  icon-question-circle 池田哲人「プラモデルによる空想具現化」

池内啓人

多摩美術大学情報デザイン学科四年次卒業制作作品。
13年3月、卒業制作展示会にて出展。
同年5月、東京オペラシティビルICCにて出展。

作品コンセプト

「プラモデルによる空想具現化」をテーマに、パソコンを始めその周辺機器をプラモデル用い改造しジオラマを作ることで、誰もが一度は空想するであろう世界を具現化する。

具現化をする際、元の形状や使われ方に着想を得て、そのものが持つ特色や可能性を浮き彫りにするような改造を施す。(例えば、パソコンは個人の記憶を保存する建物であり、それを守るため要塞基地化し、縦横無尽に動き回るマウスは防衛用戦車に改造する等。)

パソコンや周辺機器は、ジオラマの世界観を演出する建造物などとして造形し直されているが、機器を構成する電子回路や配線、機構などは破損されずに保たれているため、そのまま使用することが可能である。

(出典 http://marble-phantasm.tumblr.com/)

 icon-arrow-circle-down パソコンをバラして改造。しかも人がいる…!
tumblr_inline_mjmxf5tZbs1rdqf3h
(出典 http://marble-phantasm.tumblr.com/)

tumblr_inline_mjmxyeStIS1rdqf3h
(出典 http://marble-phantasm.tumblr.com/)

ジオラマのストーリー

机に張り付いてパソコンでの作業を続ける事半日、そろそろ集中力も切れかる。その時ふとよぎる「ゲーム」という名の娯楽の誘惑。その誘惑に負けそうになった時、パソコンの蓋は開き、秘密基地と化す。持っていたマウスは砲を携え、webカメラは敵の姿をディスプレイに映し出す。

icon-angle-double-right なんだかドキドキするストーリー。男子なら一度は妄想しそうな非現実です。

icon-arrow-circle-down 休憩中でしょうか。後ろにいかついロボットが構えてます。
tumblr_ms8jwtyMPH1s8vsr5o1_1280
(出典 http://marble-phantasm.tumblr.com/)
icon-arrow-circle-down基盤の上で作戦会議中…!こんなの憧れた安保絵があります。
tumblr_ms8jtsQ1381s8vsr5o1_1280
 (出典 http://marble-phantasm.tumblr.com/)

icon-angle-double-right 男子はやはり心がくすぐられますね。「パソコン解体」、「プラモデル」、「軍人」、「ジオラマ」などキュンキュンするキーワードばかりです。

その他、文化庁メディア芸術祭の受賞者はOfficial Websiteでチェックできます。

icon-arrow-right 文化庁メディア芸術祭 Official Website

Pocket