”首を吊る”という行為がパフォーマンス…『首くくり栲象(タクゾウ)』の哲学

Pocket

icon-lightbulb-o 学生だったころに恩師から「首を吊る人を知っている?」と言われた事がありました。もちろん知っているようで知らないのが当たり前ですよね。当時は「なにそれ…」くらいに少しの好奇心と軽蔑がほとんどみたいにしか思っていませんでした。

筆者自身、舞踏の世界に足を突っ込んで早5年が経とうとしています。ふいにその”首を吊る男”を思い出したので調べてみました。

 icon-desktop首くくり栲象(タクゾウ) Website

1121-thumb-531x398-266
(出典 http://aricatheatercompany.com/)

icon-question-circle 首くくり栲象とは?

1947年群馬生まれ。高校を卒業後、演劇を目指し状況。後にパフォーミングアーツに目覚め「首つり」を始める。なぜ始めたかは自分でもよくわからないとの事。

現在は、自宅の庭を舞台にしての公演「首くくりアクション」を、十数年に渡り行っている。開催は、月に4、5日。ただし、それ以外の日も日課として首はつる。合間にすることといえば、コーヒーを飲んだり、本を読んだり。最後は、こたつに潜り込んで寝ることの繰り返しを黙々とこなす。

毎日首をつる理由について、芸能とは〈昨日の内容っていうのが、今日も当てはまるとは限らない〉からだと語る栲象さん。同じことをしているようでも、昨日とのパフォーマンスの質の違いや課題を確認するために、一日一日が重要なのだ。(出典 http://www.excite.co.jp/News/)

icon-angle-double-right これはこの方が死ぬ前に、いやいや、一度の人生でこれを見なくては死ねない!

icon-youtube-play 密着24時!首吊り芸術家 – A Day With… The Hangman

icon-angle-double-right 60年代~70年代は銀座に突っ立って痙攣(けいれん)のパフォーマンスをしていたみたいですね。「まあわけわかんねえけどwww」と本人はおっしゃってますが。

なんだか率直に生きていてかっこいい老人です。自身の庭劇場でやるのですが、映像を見ても木のきしむ音がその緊張感を伝えてくれます。

やはり時代的に舞踏の影響を受けている様な身のこなしだと思います。国立駅から徒歩15分くらいの自宅で毎月やっているみたいです。最後お客さんとご飯食べてますね。

icon-question-circle 見た人は様々感想を述べています。

icon-arrow-circle-down 首くくり栲象 庭劇場への雑感

庭劇場はその名の通り、栲象さんのご自宅の庭で開催されている。そして、首くくり栲象の名が示す通り、首をくくるパフォーマンスである。自宅の庭で首をく くって、それを他人に見せるのである。観たことがない人は、きっと過激で衝撃的なものを思い浮かべるだろう。しかし実際に、首をくくり、宙にぶら下がった 栲象さんを観た人達の心に去来するのは、不思議な静けさなのである。

永遠のような長い沈黙の時間が訪れる。栲象さんは静かに顎にかかっている縄に手をかけて、懸垂するにように身体を持ち上げ、地面に降り立つ。それから、 ゆっくりと庭を歩き、再び、縄の方に歩いて行き、首をくくる。これを凡そ40分ほどの間に3~4回ほど繰り返す。台詞は無く、終始無言の行為である。

庭の乙女椿が咲くのは五月だが、その時期には不思議と観客が一人も訪れないことも多いそうだ。乙女椿が満開になる時、栲象さんは庭劇場の唯一の照明を自分 にではなく、乙女椿に当てているという。そんな時には、首をくくっている自分なんかではなく、満開の花を観れば良いんだから、と。僕はそんな首くくり栲象 という人間を信じている。

[いくにし・やすのり|演出家/美術家/映像作家]

(出典 http://bodyartslabo.com/critique/)

  icon-arrow-circle-down [備忘録][発見]栲象さん

庭に備え付けられた客席に座り、開演を待った。サンタナの『哀愁のヨーロッパ』が聴こえてくる。この曲はFさんの携帯の着うたでもあるらしく驚きながら笑う。

やがて部屋から後ろ向きで栲象さんが出てきた。「わあ、すごい」アホみたいだがそう思った。去年進藤さんが言ってた「今ここに居る集中」が目の前で体現されている。

3回眼鏡を直した他は終いまで約50分間身動ぎもせず観た。手を伸ばせば、もしくは数歩歩けば触れる何の変哲もない(とは言いきれないが)庭で栲象さんが「行為」をしている。時折風が吹くと、入り口のビニールシートがガサガサ鳴り、何かキィキィ軋む音がする。隣の家のおばさんが二回ぴゅん、ぴゅんとくしゃみをする。開演前に現れた太った猫の首につけられた鈴の音がする。シートの裏の駐車場にやって来る人の砂利を踏む音、一連の発車音がする。そして栲象さんの静かで確かな呼吸の音がした。寒かった。

(出典 http://d.hatena.ne.jp/o33702/)

icon-question-circle 超みたい!生で話したい!

icon-angle-double-right という方は「首くくり栲象(タクゾウ) Website 」にてチェックしてください。毎月やってますが、劇場や野外での公演もあるようで精力的に活動していますね。筆者は近々行こうと思いますよ!

1311_kubi_01
(出典 http://www.premiumcyzo.com/modules/)

Pocket