闇の奥底へ…丸尾末広が描く乱歩の世界”芋虫”

Pocket

icon-lightbulb-o筆者は江戸川乱歩の「芋虫」が好きでそれに関するアート作品などもよく見てましたが、以前購入した丸尾末広の作品を紹介します。

icon-desktop 丸尾地獄 / 丸尾末広 Website

bg-header-home
(出典 http://www.maruojigoku.com/)

icon-arrow-circle-down 芋虫/丸尾末広 これを紹介

icon-question-circle 丸尾末広とは?

丸尾 末広(まるお すえひろ、本名:丸尾末廣、男性、1956年1月28日 – )は、日本の漫画家、イラストレーター。長崎県出身。劇団「東京グランギニョル」の演出家としても活動していた。

1980年『リボンの騎士』でデビュー。高畠華宵などの影響を受けたレトロなタッチと、(主に性的に)過激な描写、夢野久作や江戸川乱歩などの影響が色濃い幻想的、怪奇的な作風が魅力。

代表作に『少女椿』など。日本国外でも、アメリカ、イタリア、フランス、ドイツ、スペインでも単行本、またはアンソロジー本の一部として作品が出版され、エログロにカテゴライズされている。また、アメリカのアヴァンギャルドジャズグループNaked Cityのアルバムジャケットも手がけている。

(出典 wikipedia)

icon-arrow-circle-down 少女椿
20090130_738278
(出典 http://nnnnnk.jugem.jp/)

icon-question-circle 芋虫

icon-angle-double-right 江戸川乱歩の作品の中でも問題作として見られている「芋虫」。戦争で大きな傷を負い五体不満足で醜い姿になった夫と、その夫の世話する妻・時子との淫靡でおぞましい世界を描いている作品です。丸尾末広が描く性描写と間、そしてふとカットインする非現実のイラストは強烈に印象がのこります。

icon-arrow-circle-down 芋虫の表紙。綺麗です。
20140330-160944.jpg
(出典 100shiki100がアップロード)

icon-arrow-circle-down 最初の見開きからやられます
20140330-161033.jpg
(出典 100shiki100がアップロード)

icon-arrow-circle-down この世界が大好物です
20140330-161040.jpg
(出典 100shiki100がアップロード)

icon-angle-double-right 原作だともっと妻・時子が狂気に満ちた存在なのですが、この作品だと夫の方がその傾向があるように感じます。ビジュアルがあるからということもあるかもしれません。

icon-question-circle 映画版「キャタピラー」

icon-angle-double-right 映画ですとタイトルが著作権料などの問題で変更されていますが芋虫です。時子役の寺島しのぶさんがはまりすぎてて驚きます。

icon-youtube-play 映画版「キャタピラー」

icon-angle-double-right 変わった性癖をお持ちの方は大好きな作品だと思います。筆者はこんな生活はちょっと怖じ気づいてしまいますが…。イラストとストーリーは素晴らしいので気が向いたら如何でしょうか。

Pocket