《ENTER PYONGYANG》意外すぎる!ピョンヤンってこんなに大都市だったの…?!

Pocket

北朝鮮の挑発的な行動や、その他問題とされる多くの政治内容のニュースは耳にタコができるくらい年中聞いている気がします。

そんな北朝鮮の首都 平壌(ピョンヤン)。ニュースでもその一部はチラッと映りますが、そんなに気にも留めない街という印象があります。そんなピョンヤンの街をデジタルアニメーションの様に編集した映像作品を見ると、思わず「こんなに大都市だったのか!」と思ってしまいます。

icon-vimeo-squareEnter Pyongyang

Enter Pyongyang from JT Singh on Vimeo.

この映像作品は、ベンチャー企業のJT Shingh と映像作家の Rob Whitworth によって製作されたものです。大手北朝鮮旅行代理店である高麗ツアーズとの共同プロデュースであるため、多くの制限を設けられた上での撮影だったようですね。ただ驚くべき事に、編集権は全て彼らに与えられけっこう自由な作風にできたみたいです。

スクリーンショット 2014-08-14 12.40.15

スクリーンショット 2014-08-14 12.41.26

地下鉄がこんなに立派だとは思わなかった!
スクリーンショット 2014-08-14 12.42.05
スクリーンショット 2014-08-14 12.42.29
スクリーンショット 2014-08-14 12.43.14

想像していなかった近代的な都市…
スクリーンショット 2014-08-14 12.44.37
スクリーンショット 2014-08-14 12.47.46
スクリーンショット 2014-08-14 12.44.25

パークまである!ピョンヤンではインラインスケートがブームみたいです
スクリーンショット 2014-08-14 12.46.51

モニュメントや近代的な建築も多数
スクリーンショット 2014-08-14 12.45.35
スクリーンショット 2014-08-14 12.45.55
スクリーンショット 2014-08-14 12.45.04
スクリーンショット 2014-08-14 12.48.13
スクリーンショット 2014-08-14 12.48.25

自分がいかに世界を知らないかと理解させられました…。ただピョンヤンのこの光景は北朝鮮に一握りでしかないということも知っていなければいけないでしょう。

近年の観光客(ほとんどが中国本土から)の急増を受けて、世界へ向けて北朝鮮はもう閉鎖された国ではないという事を示したいということがわかります。これから先はインターネットや携帯電話の普及により、国民が他国の事を知りもっと先進的な国に向かっていくのでしょう。

via vimeo.com

Pocket