両手がフランスパン…!パフォーマンスアーティスト《トーストガール》

Pocket

衝撃的なビジュアルながら独特で激しい”POP”を兼ね備えたパフォーマンスアーティスト 《トーストガール》こと《トースティー 氏》

赤いカツラにヘルメット、そしてその上に乗っているトースターでパンを焼いたり両手をフランスパンに刺してPOPな歌とダンスを披露する…。ヒトの理解と想像の外側にいる様なトースティー氏ですが、1998年頃からパンを焼くパフォーマンスを始めてから、様々なキャラクターを自作自演し多岐に渡る内容の素晴らしい活動をしています。

icon-desktop Toast Giel .com
top900x290tg4

top_bb3

top_bb2
(出典 www.toastgirl.com)

icon-question-circle “トースティー(トーストガール)”とは?

ご本人のウェブサイトは、その多種多様なキャラクターがあるのでそれぞれにウェブサイトが存在していますが、一応”トースティー氏”のウェブサイトからプロフィールを引用します。

かなり刺激的なキャラクターの名前と、パフォーマンスをはじめたキッカケが素敵すぎます…!

トースティー
[パフォーマンス/コンセプトプロデュース/映像企画,制作/脚本]

オーストラリアで美術大学の卒業を控えた1998年頃、突発的に頭上でパンを焼き誕生したトーストガールとしてステージライブをスタート。パフォーマンスアートの研究をするふりして頭でパンを焼きまくって卒業。帰国後、複数の名義でのライブをはじめ映像・音楽製作、DJ、舞台、声の仕事など広く活動。

引用元 www.toastgirl.com

icon-youtube-square Laissez-moi dire by Baguette Bardot

”トーストガール”の他、忘れられた歌手”東京タワーC子”、顔で踊るダンサー”イザベラ・トスティータ”、顔ス研究所の”パルマ先生”(顔面エクササイズ)相談鑑定家”天月うらら”、両手がフランスパンの女”バゲット・バルドー”、フレンチアイドル変容シリーズ[フレンチメタモルフォーゼ]として、”バルタン☆シルビー”、”蚊トリ・ドヌーヴ”、”じぇーんぶ★バンキン”など、神出鬼没で複数のキャラクターを自作自演。

引用元 www.toastgirl.com

icon-youtube-square toastgirl: image clip

コンセプトや言語を大々的に謳うよりも感覚的視覚的瞬発的伝達表現をめざす。美術家としてギャラリーでの展示や実験的作品も多数。歌手としては自身のパ フォーマンス音楽CDの発売ほか、企画CD参加、また2010年頃より新進気鋭のJAZZミュージシャン等とライブ活動。メルボルン工科大学美術科卒業。 武蔵野美術大学非常勤講師。

引用元 www.toastgirl.com

icon-youtube-square Baguette Bardot – L’appareil à sous (live) HQ

icon-angle-double-right 今年の4月には下北沢のCircusでライブに出ていたみたいですが、ツイッターを覗くと出産されたのでしょうか…?なんにしろどのキャラクターとしても、今後もご活躍応援しています!

via www.toastgirl.com

Pocket