新時代のパンチ力ある日本画…!メキシコを拠点に活動する ” KENTA TORII “

Pocket

この東の果ての小さな島国はその特殊な環境かから、様々な文化を取り入れては排除しての繰り返しをしてきました。そして現在、世界的に見ても特異な種族となりました。

現在メキシコでアーティストとして活動している “KENTA TORII “はその特異な日本の芸術“日本画”を、独自の感性と経験からオリジナリティ溢れるパンチ力の高い作品を製作しています。

icon-arrow-circle-down” HANNYA ”
417847_436162219805837_404909073_n

icon-arrow-circle-down” TENGU ”
931414_436162206472505_1363336870_n

1983年に日本で生まれたKENTA TORIIは、メキシコやブラジルのラテンアメリカの文化(ストリートアートなど)に直接触れ、作品にはその影響が色濃く出ています。

「般若」や「天狗」など日本の伝統的な文化を題材にして、そこに彼のオリジナリティ溢れる色彩や質感を加えています。

鬼気迫るような印象を受けるものもあれば、思わず笑いそうになる、人物と色彩のアンバランスさがおもしろい作品などテンションは様々で見応えがあります。

icon-arrow-circle-down” RENJISHI SHIROGASHIRADOKURO ”
1482849_539719809450077_1558057231_n

icon-arrow-circle-down” HARAKIRI “KARAJISHI BOTAN ”
1463726_539721209449937_1391686789_n

icon-arrow-circle-down” HARAKIRI “JANEN BARAI ”
1451485_539721242783267_982447912_n

icon-arrow-circle-down” Sagrada dualidad ”
1911934_588278377927553_1692513370_n

メキシコを拠点に活動しているようですが、日本でも個展があるときは是非見に行きたいアーティストです…!

KENTA TORII / via

Pocket