まるで”ネオ・トーキョー”みたい…!写真家 Sasaki Makoto “TOKYO LAYERS”

Pocket

TOKYO BACKYARDでも何度か取り上げている大友克洋原作”AKIRA”ですが、作中の舞台“ネオ・トーキョー”のような写真を撮っている方を発見しました…!

写真家のSasaki Makoto による作品集“TOKYO LAYER”は、東京にある展望エレベーターから長時間露光を使って撮影した東京の風景を収めたものです。

icon-desktop Sasaki Makoto website
8-004

“tokyo layers”

このシリーズは、上下に移動する展望エレベータ等の中から、数十秒間の長時間露光を行って東京の風景を捉えたものです。 また複数回レンズの前の光を遮断することで多重露光を行っており、それによって、一枚の写真の中で時間が流れる様を擬似的に可視化することを試みています。
これらの作品から、私たちが時間の流れの中に生きていることや、連綿と続く時間の蓄積によって、個々の人生や、都市、社会、時代といったものが形成されて行くということを、 通常の時間を捉える感覚とは異なる視点から見てもらうことを狙っています。

8-001

8-032

本当にAKIRAに出てくるネオ・トーキョーの様な世界です…!写真の撮り方で東京がこんな不思議な姿に変わってしまうとはすごいです。

幻想的な未来の風景に見えますが、現実の東京ということに感動ですね…!

8-021

8-002

8-005

8-035

他にも上海を舞台にした“SHANGHAI LAYERS”“untitled(layers series in other cities)”など他の都市でも撮られているので、気になる方はウェブサイトをちぇっく!

 

icon-arrow-circle-o-down その他AKIRAに関する記事は以下からどーぞ!

【本当の未来予知漫画”AKIRA” 恐るべし大友克洋】

【“ドラえもん × AKIRA” 禁断のコラボが東京オリンピックを盛り上げるか?!】

【“AKIRA” 実写版がついに…!自主制作とは思えないクオリティ】

 

Pocket