“粧う(よそおう)”ことの異常さを問いかける…! ” pinpin co “

Pocket

中国杭州で生まれで4歳から日本で育ったアーティスト”pinpin co“。東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修了。

人間の顔や皮膚に直接ドローイングする彼女の手法は実に繊細かつ、人が日常的に”粧う(よそおう)”事の異常さをありありと示しているように感じれます。

icon-desktop pinpin co website
tumblr_m6p8cdnAKO1r0i205o1_1280

まるで被写体の血管や皮膚、築き上げてきた皺、更にはそこに内在する記憶や経験までもを辿るようにペンで繊細かつ美しい曲線で描かれています。

余談ですが、中世ヨーロッパのキリスト教では、女性は自然に近い存在と位置づけられ、公には化粧することは禁止されていたようです。化粧は変なもの(おとこ)を引き寄せる存在とでも思われていたのでしょうか。逆に儀式などで使われる化粧は魔除けの意味で用いられます。日本の古代の儀式でも赤土を顔に塗り、悪魔の侵入を防ぐなどの風習があったようですね。

というように本来的に化粧とはただ単に自身を美しく見せる目的ではなく、“意味”を持ち風習として他に影響を与える存在だったのだと思います。

tumblr_m79jkqtbX31qgnts8o2_1280

tumblr_m6p8cdnAKO1r0i205o5_1280

tumblr_mkhg94QGYk1s6pb0jo2_500

pinpin co の皮膚へのドローイングは、そこに意味を持たせるために描くというよりも、被写体の内側から浮き出てくる模様のように感じる事ができます。

本来の人の美しさは内側から滲みでてくるなんて言葉を聞いた事がありますが、それをもっと複雑化した暗号のような印象を受けました。

tumblr_m6p8cdnAKO1r0i205o3_400

tumblr_m6p8cdnAKO1r0i205o2_400

tumblr_mkhg94QGYk1s6pb0jo3_1280

tumblr_m6p8cdnAKO1r0i205o4_1280

しかし筆者は被写体などもやっているので是非これを全身に施して欲しいという願望は尽きません…!

(via : http://www.pinpinco.com/)

(via : http://www.tumblr.com/)

Pocket