“砂の形状”によって音が変わる不思議な電子楽器”Sand Noise Device”

Pocket

砂を使った電子楽器だって?そんなの聞いた事無いですよ。あっあれ?実は存在したんですねぇ。まずは確認してみましょ。

icon-youtube Sand Noise Device

この”Sand Noise Device“という楽器は、砂の動きと形状によって演奏することが可能な電子楽器である。映像で見られるように、円柱の形をした発光する機械を好きな場所に設置するだけで音が奏でられるようだ。この装置の最大の特徴となるのが、砂の入ったテーブルの頭上に設置されたプロジェクターとマイクロソフト社のKinectを使用し、砂という変幻自在なオブジェクトを見事にキャプチャーしている事だろう。個人的にこの”砂”を使うというポイントはかなり素晴らしいアイデアである。

sand-noise-device

snd_closeup

snd_wide

カリフォルニア州立大学イーストベイを卒業した “Jay Van Dyke , Delvin Dominguez, James Saxon, Matt Roads”の四人らによって制作されたこの装置。先日行われたMaker Faire Bay Areaに出典しておりその斬新なアイデアで多くの人々を驚かせたようだ。

snd_group

今後とも彼等の動きから目が離せない。最後に個人的な意見なのだが、どうしてもこの楽器としてのシステムを考えると”Reactable“と比較してしまうのは私だけだろうか。。

[Via : Make:]

 

Pocket