特集 [Nostalsia] サンプリングの貴公子 “bibio”

Pocket

 

という事で今回から特集[Nostaslsia]と題しまして、ノスタルジックさを感じさせてくれる様々なモノを紹介してくぜ。

第一弾として、ミュージシャンのbibioことStephen Wilkinsonをチェケしちゃお。

icon-youtube The Ephemeral Bluebell / Vignetting The Compost

百聞は一見にしかず。というよりは百見は一聞にしかずというべきだろうか。彼の音楽は主にエレクトロや自然実験音楽などを行っており、幼い頃父親とウェールズに釣りに出かけた時に父親が愛用していたニジマス釣り用毛針の名称からこのbibioという名前を使っている。

またほぼ全ての曲にサンプリングした音源を使っている為、彼の世界観を定義する上で重要な要素となり、より特徴的に彼の音楽性を強調している。

現在80’s リバイバルブームが音楽業界含め様々なジャンルで見え隠れするなか、実は彼をきっかけにこの現象は始まったのではないか?といつも思えてしまうほど、デビュー当初から桁はずれな哀愁を漂わせている。現在計10アルバム出しており、どの作品にも違う味があり哀愁感オタクなリスナーにとってはまさに最適な存在だろう。

 

時間がない忙しい時にこそ、立ち止まって聞いて頂きたい。

Pocket