少ない言葉で世界の国々を表現したユニークな”ピクトグラム”

Pocket

1

ドイツにあるハンブルグにベースを構える設計事務所”Mutabor Design“により制作されたピクトグラムポスター。違う文化を持った国々を言葉を使わず表現する事が目的だったようだ。その国独自の文化や歴史などを匠に加工し、言葉無しでも分かりやすく表現できている。

23 4 5 6 7

やはり日本も取り上げられてましたね。富士山を帽子に見立て輪郭にはライスボール。箸を東洋人の特徴であるつり目に使用しているのはポイントを押さえているが、個人的にこのいじられ方はもう止めて頂きたいものだ。最後に全体を某キャラクターに見せるようなリボンを加える。いや考え過ぎか。ネコが大好きなイメージと受け取っておいた方が良さそうだ。

[Via : http://www.ifitshipitshere.com/]

Pocket