天才ピアニスト”Chilly Gonzales”によるポップマスターピース解析

Pocket

gonzales_0904_039
(出典http://in-focus.co.jp/

現代の新鋭ピアニスト群の中でもズバ抜けて頭角を表しているのが”Chilly Gonzales“であろう。最近披露した自身初となるMCやミキシングで話題になったばかりだが、早くも新しい動きがあるようだ。ドイツのラジオ放送局1LIVEとの企画で現代ポップミュージックシーンの名曲をアカデミックな観点から解析するという内容の”Pop Music Masterclass”という番組を発信している。自身を”音楽の天才”と称する彼がDaft Punk の”Get Lucky”やDrakeの”Hold On,We’re Going Home”などの名曲を解説する様子は圧巻である。今回はそんな彼がどのようにこの難題を解析するかを見て頂こう。

icon-youtubeDaft Punk “Get Lucky” × Chilly Gonzales

icon-youtubeDrake × Chilly Gonzales

この説得力。

自身がカナダ人ということもあってかカナダ出身のアーティストとのコラボが多い。今後他の名曲をどのように解説してくれるのか楽しみで仕方が無い。

icon-youtubeMCとミキシングを披露

icon-youtubeSolo Piano Full Concert

Via : http://www.einslive.de/

Pocket