ニール・ヤングの”究極音楽”プレイヤー「Pono 」が超気になる件

Pocket

ニール・ヤングが考案した高品質の音楽サービスプレイヤー「Pono」は、クラウドファウンティングサイトKickstarterにて投資を募り、470万ドル(約4億80000万円)を超える大金を集めたそうです。

dfaebd67ddf239b4ba87ea015f89d233_large

発表から約1年半。ついにKickstarterでプレオーダーを開始。価格は399(約4万円)となるが、早めに予約すれば300ドル(約3万円)で購入できます。

 

ところで、このプレイヤーの何がすごいの?

Pono は、スタジオマスター品質のデジタルミュージックを考えうる限りの最高音質で再現するプレイヤーだそう。

ざっくりいうと、これは「スタジオで収録した音源がそのまま自宅で聞ける携帯プレイヤー」ということだ。

23ec89ff1f9ffda03b8379ed0ecf4a52_large

外観もメタルな感じでかっこいい仕上がり。容量は128GBでハイレゾ音源を100〜150曲保存可能。しかも、タッチスクリーン付きときたもの。それにしてもこれ

スクリーンショット 2014-03-24 20.42.56

 

コンビニでよく見かけるこのお菓子に似てますよね

 

 

Pocket