23号で終了!東京23区ハイパーローカル誌「TOmag」が話題

Pocket

皆さん「TOmag」という雑誌をご存知ですか?

2014-04-19_102919

TOmagは毎号、東京23区のうちの1つの区を1冊丸ごと特集していく全23号完結型のシティカルチャー誌。

2013年2月に創刊され、第一号は足立区。第二号は目黒区が特集されました。そして、4月25日に発売される第三号は中野区特集です。

TOmag(出典.https://www.facebook.com/TOmagazine.tokyo)

表紙は長澤まさみ。かわいいですね!たまらん!

 

このTOmagという雑誌、普通の雑誌とはちょっと違うんです。

何が違うの?

編集方法が独特。

TOmag編集部は、毎号、特集する区に移り住みながら編集作業を行っているそう。2014-04-19_115658

その土地に住むことでしか見えてこない、朝・昼・晩それぞれの街の表情にフォーカスを当て、様々な角度から企画を考え、編集・制作してるそうです。

 

この雑誌の編集長は川田洋平さん(1988年生まれ)。川田さんはdotplace.jpで雑誌のコンセプトについてインタビューに答えている。

雑誌をやるならば、終わりは必要。他の雑誌は全然意識していない。

 何故webではなく雑誌なのか?

雑誌のほうがまんべんなく面白いものに触れられるから、だそうです。

 

台東区や荒川区、北区にきたら何か手伝いたいですね。

今号のカバーは、中学2年生の時に上京してから、およそ5年間にわたって中野で青春時代を過ごした女優の長澤まさみさん。巻頭企画では、当時の同級生を呼んで同窓会を開いてもらいました。中野区在住歴20年超の掟ポルシェさんとの濃厚な中野区談義も必見。カバーの撮影は前号に続き大森克己さんです。

その他、中野ブロードウェイや中野サンプラザといった中野のシンボルの深部に踏み込んだ特集取材や、やついいちろうさん率いる中野会による南口談義、中野の150年を振り返ったコラム特集、西武新宿沿線で一日を楽しく過ごすための徹底ガイドなど、これまで語られることのなかった、知られざる中野区の魅力を一冊にギュッと凝縮。正直、144ページでは足りないくらい…。 出典:TO magazine

Amazonでの予約もスタートしていますので、そちらも是非チェックを!

via.http://camp-fire.jp/projects/view/928

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket