ロンギヌスの槍がパリへ…!岡山の”刀剣の里”より日本の総合技術は世界へ

Pocket

icon-lightbulb-o「新世紀エヴァンゲリオン」に出てくる「ロンギヌスの槍」。もとは新約聖書にでてくる聖なる槍ですよね。それをなんと岡山にある「刀剣の里」が作っていたんです。2年前に岡山から始まった「エヴァンゲリオンと日本刀展」は国内の巡回を終え、ついに今月末からパリへ!みんな「ブラボー!ブラボー!」といってる姿が思い浮かびます。

icon-desktop 「エヴァンゲリオンと日本刀展」

1_b
(出典http://www.webtsc.com/ )

icon-question-circle フランス・スペイン巡回展 概要

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、日本国内で大好評となった「ヱヴァンゲリヲンと日本刀」展を、パリとマドリードで開催します。

人気アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の世界に全国の刀匠たちが挑んだ本企画では、物語の重要な鍵となる武器「ロンギヌスの槍」「ビゼンオサフネ」「マゴロクソード」などを伝統の技で再現した刀剣類や、『エヴァンゲリオン』の世界観や登場キャラクターにインスピレーションを受けて新たに制作した日本刀など計20点を中心に、日本古来の名刀5点や刀装具、等身大のエヴァンゲリオン初号機のフィギュアや原画パネルなどと共に展示します。

(出典http://www.jpf.go.jp/j/ )

icon-arrow-circle-down忠実すぎてオーパーツ的な空気でてます
2_b
(出典http://www.webtsc.com/ )

icon-arrow-circle-down日本の技術にあっぱれ
10_b
(出典http://www.webtsc.com/ )

icon-arrow-circle-down「プログレッシブ・ナイフ」だあ!
8_b
(出典http://www.webtsc.com/ )

icon-arrow-circle-down「ビゼンオサフネ」
6_b
(出典http://www.webtsc.com/ )

icon-arrow-circle-down「マゴロクソード」これは買いですね
20_b
(出典http://www.webtsc.com/ )

icon-angle-double-right日本刀は刀鍛冶や鞘師、金工師、研師など職人が集結し作られる日本の技術のデパートでございます。「日本の伝統」と「日本のサブカルチャー」の素晴らしい融合、これは世界に発信すべきですね!

icon-arrow-circle-downなんかかっけえ!
3_b
(出典http://www.webtsc.com/ )

icon-arrow-circle-downドキュメンタリー的で涙が出そうです
12_b
(出典http://www.webtsc.com/ )

icon-angle-double-right 筆者はこの巡回展中に丁度フランスにいるので時間があったら行ってみます!厨二心くすぐるとかではなく、伝統と文化のコラボですから素晴らしいですね。

【フランス展】2014年4月30日~6月21日 パリ日本文化会館
【スペイン展】2014年7月5日~9月28日 マドリードのABCミュージアム
*日本スペイン交流400周年記念事業

Pocket