猟奇的なカエルのサスペンス “ミュージアム” ついに完結!

Pocket

icon-lightbulb-o昨年1巻が発売された巴亮介の「ミュージアム」。筆者はこの手の猟奇殺人ミステリー漫画は大好きなので即購入し、その後も2巻が発売。そして4/4に最終巻となる3巻がついに発売されました!

icon-desktop「ミュージアム」講談社

51rlAQqVGWL._SS500_
(出典 amazon.jp)

icon-question-circle「「「「ミュージアム」/ ヤングマガジン

超戦慄猟奇サスペンスホラー、絶望大解禁ッ!!!

雨音に抱かれし、“6月の蛙男”現るッーーー‥‥‥。

“私刑”という名の無慈悲な裁きを執り行うためにーーー‥‥‥。

(出典 http://kc.kodansha.co.jp/)

icon-arrow-circle-down カエルに扮した殺人鬼の正体は一体…
img02
(出典 http://natalie.mu/comic/)

icon-angle-double-right 一見ポップでかわいいらしさもあるカエルの格好をした男。殺人を「芸術(アート)」といって、自分で処理した遺体にタイトルを付ける猟奇殺人の謎を追う内容です。

なんだか映画を見ているような小説を見ているような、漫画を読んでいるという感覚はいつの間にか忘れてしまう世界です。

icon-arrow-circle-down インチキ占い師には「針千本のーますの刑」
04-IMG_0009_20131107113527121
(出典 http://nearfuture8.blog45.fc2.com/)

icon-arrow-circle-down 怠慢なニートには「母の痛みを知りましょうの刑」
03-IMG_0012_20131107113525f9f
(出典 http://nearfuture8.blog45.fc2.com/)

icon-angle-double-riそして、主人公である警視庁の刑事「沢村久志」が事件の捜査から徐々に自分の問題として関わって行く…。かなり狂ってる内容ですが好きな人はかなりハマると思います。

そしてラストはシンプルに思えますが複雑に終わっています。筆者も全部理解しきれていません。単行本の後半は「僕らは親友と言う体で」という読み切りも入っていて満足の内容です。2巻に収録されていた話しも映画のレオンみたいで好きでした。気になる方はどうでしょうか!

Pocket