異端のデコワールド, “PIERO FORNASETTI” 装飾の世界

Pocket

icon-lightbulb-o 建築、家具、絵画、彫刻など様々のものを生み出したイタリア人デザイナーがいました。その名は「PIERO FORNASETTI(ピエロ・フォルナセッティ)」。クラシック、モダン、シュール、今見るとデザインの自由を定義した人に思えます。

icon-desktop PIERO FORNASETTI Official Website

icon-angle-double-right このサイトを開くと様々な仕掛けが含まれています。彼の事を知るだけで楽しめるとはすごいセンス。

icon-arrow-circle-down フォルナセッティご本人
dezeen_Barnaba-Fornasetti-on-Piero-Fornasetti_ss10
(出典 http://www.dezeen.com/)

  icon-question-circle ピエロ・フォルナセッティ

1913年ミラノ生まれ。1988年没。ブレラアカデミーで図面を学んだ後、1933年ミラノトリエンナーレにシルクプリントのスカーフを初出展。第7回の同展(1940年)でジオ・ポンティに才能を見出されたことによりドムス誌やスティーレ誌に作品が掲載され、一躍注目を浴びる。

1949年以降、ポンティと協働でカジノや客船、劇場、ホテル等のインテリアをデザインする。

イタリアの伝統的絵画シュールをミックスした独特の作風は、今日においても高い評価を博しており、女性の顔をあしらったプレートシリーズ“テーマと変化(Themes and Variations)“は最も有名な代表作である。

現在、息子バルナバがプロデュースしているリバイバル作品は、リリースの度に大きな話題となっている。

(出典 http://metrocs.jp/)

icon-arrow-circle-down 女性の顔をあしらった「テーマと変化」は有名ですね
forna
(出典 http://www.fornasetti.com/)

icon-angle-double-right ギャラリーやアトリエ、ヨーロッパのカフェやバーのデザインもしていてどれもいい趣味してます。今は息子のバルナバがリバイバル作品を製作しています。

 icon-arrow-circle-down とにかく女性の顔
10452_l
(出典 metrocs.jp/special/fornasetti/)

icon-arrow-circle-downアトリエ、ここで仕事したいです
スクリーンショット 2014-04-04 15.08.49
(出典 http://www.fornasetti.com/)

icon-arrow-circle-downカフェのデザイン
スクリーンショット 2014-04-04 15.13.06
(出典 http://www.fornasetti.com/)

icon-arrow-circle-down息子さんのリバイバル作品ですね
スクリーンショット 2014-04-04 15.17.36
(出典 http://www.fornasetti.com/)

icon-arrow-circle-down落ち着かない気もしますが
スクリーンショット 2014-04-04 15.17.22
(出典 http://www.fornasetti.com/)

icon-arrow-circle-downとにかく色んな商品があります
スクリーンショット 2014-04-04 15.16.54
(出典 http://www.fornasetti.com/)

icon-angle-double-right 昨年がフォルナセッティの生誕100年だったこともあり、色々なところでフューチャーされてますね。公式ウェブサイトから見るともっと様々なものが見れるので刺激をうけます。時間があるときにちょろっと見てみてください。

Pocket